生活習慣を改善し健康体へ

Man

脂肪肝とは食事の食べ過ぎやアルコールの摂り過ぎで、中性脂肪やコレステロールなどが肝臓にどんどん蓄積され負担がかかり引き起こされる病気です。肝臓の病気と言うことで、これまではアルコールを摂取しない人には関係のない病気であると認識されていましたが、近年ではアルコールを摂取しない人の間でも脂肪肝は増加傾向にあります。その背景として食生活の乱れや無理なダイエット、また運動不足などが原因であると言われています。脂肪肝には自覚症状がほとんどないため、単なる体調不良と見過ごされてしまうケースが多くあります。診断された時には脂肪肝の進行が進んでいる場合もあるため、体のサインを体調不良とせず注意することが大切です。

脂肪肝は主に生活習慣が原因となる場合が多いため、予防をすることで病気になる確率を減らすことができます。予防法には様々な種類がありますが、やはり効果的な予防法は食生活の改善です。まずは偏った食生活を見直し、低カロリーで栄養素の高いバランスの良い食事を心がけ、適度な運動を取り入れることも必要です。アルコールを摂取する人はアルコールも控えめにすることも必要です。日常生活で糖質を摂り過ぎてしまうことにより、中性脂肪となり肝臓に負担がかかってしまうので、糖質の摂り過ぎにも気をつけましょう。糖質を控えることで脂肪肝だけでなく糖尿病の予防にもなります。また最近では肝臓に良い栄養成分が配合されたサプリも販売されているため、サプリメントを活用することも予防法のひとつです。